in エステ

ラジオ波による赤みは短期間で元通りになる事が多い

痩身のためにクリニックやエステサロンが用意している施術は、皮膚に何か変化が出てしまっただけで、施術の後遺症が出たと勘違いしてしまう人もいます。
特にラジオ波を使った施術で勘違いされる事が多いのが、皮膚に赤みが出てしまった際に、その皮膚の色合いの変化がいつまでも残ってしまうという思い込みです。
大した副作用が出ないと評判の良い施術ですから、不安に思ったら医師に相談をして、その皮膚の変色がどれぐらいの期間で治るのか尋ねてみましょう。
ラジオ波を照射して皮膚に赤みが出た場合には、数時間も経たないうちに色合いが元通りになる事が多いので、大して不安に思う必要もありません。

しかし皮膚が赤くなった状態が1日経っても持続していたり、痛みが出てきてしまったという時には、皮膚科などに相談をしてみる事を推奨します。
すでに何か皮膚病を患っていて、その病気を患っていた範囲にラジオ波が当たった事によって、多少の皮膚の変化が起きている可能性もあるためです。

ラジオ波を使って痩身効果を得て、見た目がスリムになった際に皮膚がたるんでしまった場合には皮膚病ではなく、脂肪が減った分だけ皮膚が余っただけと考えておきましょう。
その余った皮膚を切除する切除なども後で受けておけば、より完璧に見た目をスリムにする事ができて、痩身効果にも心から満足できるはずです。
ラジオ波の照射方法によって、脂肪に作用する範囲を決める事もできて、その範囲によっても皮膚の赤みのかかり方は違ってくる点も意識しておいてください。